安全管理、安全装備について


お客様に安心して高速バスにご乗車いただくための『見える安心・安全』を目指し安全管理体制、安全装備などをご紹介いたします。 予約画面では、便ごとにアイコンで取り組みが確認できますのでご覧ください。

貸切バス優良事業者認定
貸切バス優良事業者認定
日本バス協会が、貸切バス事業者からの申請に基づき安全性や安全の確保に向けた取り組み状況について、評価制度を行っているもの。
認定されているバス事業者は安全に対する取り組み状況が良質であるとともに、安全に対して弛まぬ努力をし続けている優良なバス事業者である事を示しています。
※この認定制度は貸切バス事業についての認定制度です。認定を受けている事業者においても、乗合事業(高速バス・夜行バス)に対する認定ではございませんので予めご了承ください。
ISO39001
ISO39001
様々な分野において世界的な標準化及び規格を 国際標準化機構が審査認証している分野の中で、交通事故による死亡・重傷事故を撲滅することを目指すことを目指し、事故が発生しうる可能性とその原因を適切に管理し、交通事故の発生を抑制していこうというもの。
認定事業者 株式会社桜交通の取組についてはこちら
ISO9001
ISO9001
様々な分野において世界的な標準化及び規格を 国際標準化機構が審査認証している分野の中で、サービスや製品に対しての品質保証を通じ、社会的な信頼や顧客満足の向上を目指していくもの。
ISO9001を取得している組織は、よいサービス(製品)を提供する(作る)ためのシステムを管理し、お客様へ満足していただくことを目指し弛まぬ努力をし続けている組織を意味します。
デジタコ
デジタコ
バス及びドライバーの運行距離、速度、時間、その他情報がデジタルに記録される装置。
導入により、ドライバーの労務管理の徹底や、速度超過や急加速、急減速等の記録を改善指導していくことで、より質の高い運行につながっていきます。
ドラレコ
ドラレコ
車両に積載し運行状況を記録するカメラ装置。
運行業務の記録はもちろん、万が一の事故の場合も、記録された映像をもとに原因究明や、その後の対策、指導に非常に有効なものとなっています。
デジタコと連動しているものも多く、組み合わせることでより高い情報が得られるようになります。
衝突防止装置
衝突防止装置
高精度ミリ波レーダーで前方の車両との車間距離を監視し、衝突の恐れがある場合、警報音やモニター表示にて注意喚起を行う。
自動ブレーキ
衝突防止装置に用いられている高精度ミリ波レーダーで前方の車両との車間距離を監視し、衝突の恐れが高い場合、自動でブレーキをかけ、事故回避または事故被害軽減を促す装置。
車線逸脱警報
車線逸脱警報
画像センサーにより車線に対する車両位置を検出し、車線を逸脱した際に、警報音やモニター表示にて注意喚起を行う。
居眠り感知装置
居眠り感知装置
耳等に取り付けたセンサーで脈波情報を収集し、眠気を感知してドライバーへ警告を促す装置。
ドライバーモニター
ドライバーモニター
走行中の乗務員の顔向きや、まぶたの開閉状態をカメラでモニターし、前方への注意力が不足していると検知された場合、警報音やモニター表示にて注意喚起を行う装置。


予約検索画面における各装備のアイコンは、運行事業者からの申し出に基づいて表示しております。
不慮の車両故障や車検などで当該車両の使用ができず、その装備がない代替車両になる場合もございます。
またその際にも返金などはございませんので予めご了承ください。
尚、装備の有無については、当該便の年間運行便数の95%以上を目安として掲載を進めて参ります。

このページの先頭へ戻る