杉崎観光バス

杉崎観光バス、車外、車内のイメージ。

杉崎観光バスの特徴

神奈川県を中心に各地へ毎日運行!
あまり高速バスの運行がない鳥取県に毎日運行中!(スタンダードでの運行)
大阪を経由する便で 大阪⇔鳥取間のみの乗車も可能です!
車両タイプは4列スタンダード(コンセント付き)、4列リラックス、4列リラックス(トイレ付き)を運行しています。

安全への独自の取組

杉崎観光バス外観

杉崎観光バス株式会社(運行会社)は、安全が全ての出発点と考え、安全輸送の確保に最善を尽くし、お客様との出会いの瞬間を大切にし、永久に変わらぬサービスを通じ豊かな空間の創造を実現致します。

安全評価認定制度において1ツ星を取得しました。
平成28年9月29日、平成28年度1ツ星を取得しました。
今後も弛まぬ努力をし2ツ星・3ツ星を取得できるように安全・安心の運行を心がけます。

新人研修(入社時)
入社後は経験者・未経験者問わず弊社専用プログラムに則り新人乗務員研修をおこなっています。研修終了後は乗務試験に合格後、乗務を開始します。
乗務開始後もしばらくの間はベテラン運転手との2人体制路線のみの乗務になります。

乗務員の勤務管理
乗務員の過労運転を防止するため、労働時間に係る基準に従い勤務時間及び乗務時間を定めています。また、デジタルタコグラフが全車に搭載されており、リアルタイムでの運行支援や日報による勤務管理を行っています。

交代運転手の配置
関西・北陸・中国地方路線は全便乗務員2人体制で運行します。名古屋・浜松路線は1人体制です。24時間体制で各営業所にて運行管理者が運行を管理しています。

点呼
出発前は全乗務員に対し各営業所にて出発点呼を行い健康状態・アルコールチェック・免許書の確認・車両点検の報告等を厳格に行っています。また、当日の道路状況やお客様の情報も乗務員に伝え安全運行に努めています。

アルコールチェッカー
各営業所備え付けのアルコールチェッカーを使用しアルコールの有無を確認しています。微量でも反応が出た場合は絶対に乗務はさせません。

デジタルタコグラフとドライブレコーダーの連動
全車にデジタルタコグラフと連動したドライブレコーダーを搭載しています。各営業所で運行の状況をリアルタイムで管理しており、より安全な運行を支援しています。

安全輸送・車両整備についての会議
(月に1-2回)に安全及び車両についての会議を行っております。現場の乗務員からの意見等をまとめ担当役員・各営業所長・運行管理者・整備担当者を交え安全輸送についての意見交換・改善事項を話し合います。

予約取り消しについて

取消日払い戻し手数料率
10~8日前まで乗車運賃の20%
7~2日前まで乗車運賃の30%
前日乗車運賃の40%
当日(出発前)乗車運賃の50%
出発後(無連絡)乗車運賃の100%

杉崎観光バスの運行便一覧

このページの先頭へ戻る